diary

日記を書いてみてはどうか

友人からすすめがあった

こんな時に

となりの人がどういう暮らしをしているのか

昨年から日記をつけている

黒い表紙の鍵が描かれた文庫本ほどの手帳に

誰にも見せることはない日記

はじまりはその日に食べたもの

一日何も口にしない日はそうないから

書き出しは困らない

そのあと

出来ごとを順におわず

胸のうちにまかせて

読み返したところで

何のことだったのか分からなくてもいい

ただその時を

紙に流す

とどまらなくてもいいから

文字も流れていく

そんな黒い手帳のうちとは別にして

ここは誰しもにひらいている日記

何をとどめていこうか

はじまり