2020/06/12

料理をすること

例にもれず勤しんでいる

久しぶりに会った友人に

何をつくったのと訊ねられ

一品しか浮かばない

そんな訳はない

三食しっかりと食べているから

美味しいと自分の口が納得するもの

立派な料理名はなかった

何気ないものに名前は特になかった

料理と言うにはたいそうな

ちょっとだけ手を加えたもの

でも

毎日食べたいのは

そんな何気ないものかも

私が好きな料理本は

坂口恭平さんの『cook』

毎日続けられると思わせる

何気ない料理たちが美味しそう

料理はできないだろうと思い込んでいた

ことのひとつだった

先日土井義晴さんが

こう言っているのを見た

簡単なものでも

ご機嫌に楽しそうに作ってるのがいい

できないだろうを越えていくご機嫌に

すこしのあたふたはつきもの

鼻唄でもうたいながら今日も料理する